預貯金・生命保険金・退職金等の相続評価

残念ながら現役で働き続けていた方が突然お亡くなりになった時には、ご遺族の方がその相続にかかるさまざまな諸手続きを行わなければなりません。特に、お金に関するものはきちんと済ませておかなければならず、その相続財産をきちんと相続人の間で分配しておかないと、後日大きなトラブルになることもあるでしょう。
その中で、預貯金に関しては死亡の届出を出すと一度その口座がストップしますので、その時点での残高が評価額となります。しかし、それ以外のものは少し様子の異なる相続評価を行うものもあるのです。
たとえば退職金、これは、死亡退職金の場合は職場から支払われた金額のうち、相続税の対象になるのはごくわずか、場合によってはゼロ円ということもあります。これは、死亡退職金に関しては専門の非課税枠を持っており、法定相続人の数×500万円は非課税になるのです。そして、生命保険の保険金に関しても全く同じです。法定相続人の数×500万円の非課税枠をこちらももっていますので、たとえば妻と子供2人であれば、いずれも1,500万円までが非課税で相続財産としての評価をされます。
つまり、相続の基礎となる金額に入ってこないということなのです。ゴルフ05

コメントは受け付けていません。