相続財産が外貨の場合

相続税は死亡した人から相続した財産に対して課せられるものですが、その財産がいつも日本円建てであるとは限りません。相続税を計算しようとするときに、課税対象となっている相続財産が外貨であった場合については、これを円貨に換算する必要があります。
この換算にあたっては、被相続人が死亡した日現在において、相続税の納税者の取引金融機関が公表しているレートか、これに準じたレートによって行うというのが原則です。この金融機関が公表するレートというのは、その金融機関で顧客として外貨を円貨に交換するときに適用されるレートのことで、一般には対顧客直物電信買相場、略してTTBと呼ばれているものです。もし死亡の日現在のレートが提示されていなかった場合には、その日にもっとも近い日のレートを適用して計算します。
たとえば、被相続人から10,000ドルを相続したという場合に、被相続人が死亡した日のTTBが1ドル82円というレートであったならば、円貨に換算すると820,000円ということになります。
なお、特殊なケースとして、死亡した人が海外に財産を持っていて、外国で日本の相続税に相当する税金を支払うという場合もあります。こうした場合は、外国で払った税金分を、わが国の相続税から差し引くことができる外国税額控除という制度の適用を受けることができます。ゴルフ06

コメントは受け付けていません。