法定相続人の数×500万円の基礎控除額となる生命保険金・死亡退職金

人がお亡くなりになった時には、その金額の大小はあれども必ず相続を行わなければなりません。それは、資産が多い方であればかなり煩雑で大変な作業になりますので、それを踏まえてあるていど生前から対策をとっている方もいるようです。
もし、現役で働いている方が突然お亡くなりになってしまったのであれば、職場から死亡退職金を受け取ることになるでしょう。そして、その金額に関しては基礎控除額などとは別に大きな相続財産における非課税枠を持っています。具体的には、法定相続人の数×500万円ですので、たとえば妻と子供2人の家庭であれば、1,500万円が非課税になります。
そして、それと全く同じ非課税枠を持っているものがもう一つあります。それが生命保険金です。死亡時に受け取る死亡保険金は、死亡退職金と全く同じ、法定相続人の数×500万円という大きな非課税枠を持っているのです。
そのため、相続人が多く財産をたくさん持っている方は、保険金としてその資産を残しておくことによって、その非課税枠をできる限り有効に活用する方もいるようです。もちろん、銀行口座が凍結されてしまってもすぐ受け取れるように保険金として残している方もいるようです。

コメントは受け付けていません。