相続税の課税対象となる「みなし相続財産」

相続が発生した場合には、それに付随する手続きがたくさんあります。特に、相続財産の分割に関しては非常に難解なものになりがちで、なおかつトラブルの原因にもなってしまうという非常に困難な作業になることが多いのです。
そして、その相続税の算出方法も非常に細かく、非課税枠などが発生することもありますので、よく考えて行っていかなければなりません。
その相続財産の中には、死亡を原因として入ってくるお金というものがあります。たとえば死亡保険金などは、存命であれば財産としてカウントされていないはずです。それが、死亡によってはじめて保険気が下りてきて、財産が増えたということになるわけです。
ほかにも、死亡退職金なども同様の性質を持っています、存命であるならば、その退職金はさらに積み立てられて、退職時に受け取るべきものですから、それを死亡を原因として受け取ることになったわけです。
それらの死亡を原因とする財産は、みなし相続財産と呼ばれます。そして、これらにかんしては専用の非課税枠を持っており、いずれの場合も法定相続人の数×500万円という大きな金額です。ですから、法定相続人の数に合わせてその保険金額を決めるということも考えてみてもよいでしょう。ゴルフ07

コメントは受け付けていません。